ギタセレニュースでは、ギター、ベースなどの新製品情報やギターにまつわる様々な情報を発信しています

特集記事

【レビュー】KORG ギター用チューナー徹底レビュー 2015年編 ~お得なクーポン付(クーポン終了しました)~

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

DSC09373
寒かった冬も終わり、すっかり春ですねー。
この季節は、島村楽器でも新しくギター・ベースをはじめたい、というご要望をたくさんいただきます。

ギター・ベースを演奏する上で、まず欠かせないこと。
それは「チューニング」!!

ギター・ベースを弾く前には、必ず正しくチューニングしましょう。
正確な音感が身に付きますしね。

ギタセレでは、以前こんな記事を作成しました。

チューニングする際に、使われる定番チューナーを各メーカーさんの垣根を越えて比較したこれらの記事。ありがたいことに今でもたくさんアクセスいただいています。

これらの記事で紹介したチューナーは、今でもほぼ現行品として活躍している商品が多いなか、さらにラインナップを拡大し、従来にはない発想で数々の商品を生み出してきたメーカーがあります・・・それは「KORG」!
KORGさんのチューナーは、機種変更のサイクルが早く、目まぐるしく進化を続けています。

そこで今回は、KORGさんのチューナー・ラインナップにスポットを当て各機種をレビューしてみます!
既にチューニングはお手のモノな熟練者の方々も、こんなチューナーあったのか?!と驚く機種があること間違いなしですよ!

PitchHawk-G2

DSC09379

こちらは、PitchHawk-G2。
現在のKORGチューナーのラインナップでは、一番スタンダードなクリップチューナーです。

クリップチューナーの基本的な機能に加え、
クロマチックモード以外に、ギター用・ベース用モードに切り替え可能です。

ギター用・ベース用モード時には、
・フラット・チューニング(半音ごと)
・カポタスト対応(半音ごと)
にも対応しています。
基準ピッチも、436~445Hz(1Hz単位)で可変可能です。

カラー対応のクリップチューナー

DSC09376

実際に電源を入れるとこんな感じです。
ここでポイント!
他のチューナーと大きく違う点があります。それはカラー表記であること。高輝度・高コントラストのカラーLCDディスプレイを採用しているので、視認性が抜群です。

ステージ上でチューニングしようとすると、照明の兼ね合いもあり結構見づらいのですが、そんな悩みもばっちり解消。

幅広い可動域

DSC09386
また、可動アームとボール・ジョイントの二重機構により細かなセッティングが可能。
可動域の広さは、プレイヤーにとっては欠かせないポイントですよね。

ビギナーに最適な1弦巻き過ぎ警告機能

そしてビギナーに嬉しいこんな機能もついています。
それは「1弦巻き過ぎ警告機能」。1弦は一番細いこともあり、誤って弦を巻きすぎて弦を切ってしまう・・・ギター初心者あるあるですね。誰もが通る道です。
このPitchHawk-G2では、1弦の巻き過ぎを検知すると「1弦巻き過ぎ警告表示」が点灯!
KORGさんの心遣いを感じます。

こんな方におススメ!

プレイヤーがクリップチューナーに求める機能が全てつまったこれぞクリップチューナー王道モデルです。
ビギナーから熟練のミュージシャンまで、安心して使用できますね。

ただ、カラー対応なこともあり電池寿命が約8時間と若干短めですので注意。
それをカバーすべく、3分間ほっておくと自然に電源が切れるオートパワーオフ機能や、3秒間音の入力や操作がないとバックライトが低輝度になる等、細かな点まで気を配ってある優秀なモデルです。

カラー・ラインナップは2種類。
黒と白があり、両方ともシックで大人っぽい仕上がりです。

販売価格(税抜)¥2,000 (税込 ¥2,200)
カラー:BK(JAN:4959112125568)
カラー:WH(JAN:4959112125575)


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

https://youtu.be/fl79PmYLx_w

pitchclip PC-1

DSC09390

こちらはpitchclip。以前の記事でも紹介しましたね。
こちらは、あらゆる機能を網羅したPitchHawk-G2とは異なり、シンプルであることを追究したクリップチューナーです。

そのため、フラット・チューニング、カポタストモードには対応しておらず、基準ピッチ範囲も固定の440Hzです。

画面はシンプル

DSC09392
実際に電源を入れるとこのような表示です。
入力音が大きく表記され、音の高低はLEDで表示されます。

可動範囲はこんな感じ

DSC09393DSC09394

使用勝手に大きく係ってくる可動域は、メーター表示部を持ち上げて、最大120度まで角度調節が行えます。
使用感としては、若干制限されてしまう印象ですね。

豊富なカラーラインナップ

DSC09396
これはpitchclipの大きなポイントでしょう。
それはカラーラインナップの幅広さ。カラーの幅が広いので、お気に入りのカラーが見つかりやすいです。

こんな方におススメ!

シンプル設計であるがゆえ、お値段もひかえめ。手軽なチューナーが欲しいな、という方におススメです。
最初のチューナーとしても良いですよ。
ギターの色合いにあわせてチューナーのカラーも選びたいという見た目重視な方にはピッタリのチューナーです。
機能がシンプルなため、変則チューニングをしたい方には不向きなので要注意です。

販売価格(税抜)¥1,320 (税込 ¥1,452)
カラー:BK(JAN:4959112080973)


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

販売価格(税抜)¥1,100 (税込 ¥1,210)
カラー:PK(JAN:4959112128873)
カラー:OR(JAN:4959112128880)
カラー:YL(JAN:4959112128897)
カラー:WH(JAN:4959112128903)
カラー:LB(JAN:4959112128910)
カラー:PL(JAN:4959112128934)
カラー:BL(JAN:4959112128941)


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

https://youtu.be/EVmGtBn_-Ew

headtune

DSC09398
一風変わったこのチューナー。
headtuneは、ヘッドのデザインそのままの形をしたクリップチューナー。
これ、初心者の方に非常におススメです。

ヘッドの形のため、一目でわかる

DSC09399
チューニングしたい弦を単音で鳴らすと、ペグ位置を示す弦表示LED、そして音の高低を示すLEDメーターという2種類のLEDが点灯するので、どのペグをどう調節すれば良いかが一目で分かって簡単です。

基本的な作りは、pitch clipと同じなのですが、デザインをヘッド型にすることで、見やすくしたというわけですね。

ギター以外にベース用やウクレレ用も

headtune
このheadtuneは、ギター用2種類にベース用やウクレレ用もラインナップ。
基本的なヘッドの形は網羅されています。

こんな方におススメ!

headtuneは、これから楽器を始める方、また始めたばかりの方におススメです。
楽器を始めたばかりの頃は、そもそも自分が弾いている弦とチューナー上で表記されている音が正しいか不安なもの。
これは、アイデアチューナーです。
ただ、pitchclip同様、変則的なチューニングには対応していないのでその点は注意してくださいね。

販売価格(税抜)¥934 (税込 ¥1,027)
HT-G1 JAN:4959112103221
HT-G2 JAN:4959112103238
HT-B1 JAN:4959112103245
HT-U1 JAN:4959112103252


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

https://youtu.be/Btzx6gXrQx8

次のページでは、新モデル Sledgehammerをレビューします!

特集記事 最新記事

別室 野原のギター部屋 Vol.14 “Murphy Lab 1958 Les Paul Standard Reissue Lemon Burst”
【コラム】脱初心者!アルペジオ奏法を身につけよう!
【クラシックギター】ご自宅からも工房訪問!桜井・河野ギターオンラインイベント開催!
別室 野原のギター部屋 Vol.13 “Murphy Lab 1959 Les Paul Standard Reissue Factory Burst”
【製品レビュー】ベース初心者にオススメ!YAMAHA TRBX & BB 試してみました!

特集記事一覧はこちら >>