ギタセレニュースでは、ギター、ベースなどの新製品情報やギターにまつわる様々な情報を発信しています

特集記事

【今さら聞けない】ギターで使われる木材事典! Part6 ~ほぼメイプルとマホガニーの特集になってしまいました…~

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

木材事典⑥


ま行の代表的な木材といえばマホガニーとメイプル。共にアコースティックギター、エレキギター、エレキギターべースで多用される材であり、産地や杢によって細かく分類されるのも特徴的です。

というわけで1ページ目は大分類でま行材を紹介し、2ページ目以降はマホガー、メイプルそれぞれの細分類にしたいと思います。

目次

マグノリア ~Magnolia~

s-magnolia1
アメリカ西海岸に分布する樹で、白黄色~淡黄褐色の見た目が特徴的。紫色の筋もたまに見られ、フローリング材、家具材として有名です。最近になって楽器用の材として採用され始めました。

強度は十分あり、比較的硬質なので、サウンド傾向はマホガニーアルダーといった材に近い印象。Bacchusの楽器によく使用されています。

モクレン
モクレン
種類 広葉樹
別名 モクレン
産地 北米(大西洋岸)
気乾比重 0.56
強度 4

~マグノリアを使用したギター・ベース~

木材画像提供:(株)ディバイザー様

目次に戻る

マホガニー ~Mahogany~


Gibson レスポールのバック材、Martin D-18のサイド・バック材としてあまりにも有名すぎる木材。もちろん他のギターにおいても、その耐久性や乾燥による狂いがあまり生じないという特性から、多数のギター・ベースに使用されてきました。サウンドは硬質過ぎず、それでいてしっかりとした低音域を生み出します。

しかし、「マホガニー」と本当に呼べるのは、実は以下の3つのみです。

  • キューバン・マホガニー
    キューバやフロリダ半島南部原産のマホガニー
  • ジェニュイン・マホガニー
    北米~中南米広域に分布しているマホガニー
  • メキシカン・マホガニー
    グアテマラやホンジュラス、メキシコ南部に分布しているマホガニー。
  • ※上記3種は他の名称も持っています

他の「マホガニー」と呼ばれている材は、マホガニーに特徴の酷似した代替材である事も多数あります。上記3種はワシントン条約の附属書IIに登録され、厳しい規制下にあるほど、数が減っているからです。それによって価格もかなり高額になります。

マホガニーの種類や現状、その他諸々については次ページで詳しく紹介します。

センダン
マホガニー
種類 広葉樹
別名 北米
産地 中米~南米
気乾比重 0.65
強度 5

~マホガニーを使用したギター・ベース~

※あくまでもメーカーが「マホガニー」と表記しているものをピックアップしています。

木材画像提供:フジゲン(株)様

目次に戻る

メイプル ~Maple~


▲メイプル板目


▲メイプル柾目

マホガニー同様、ギターの世界ではレスポールのボディTOP、ネック全般、アコギのサイドやバック(稀にTOP)等、広く使用される木材。ホワイトメイプル、ハードロックメイプル等の様々な呼び方や、浮き出る杢によっての名称と、多種多様な名称が存在します。

基本的には北半球に生息し、ギターでよく使用されるのはカナダ~北米産のものが主。木自体の硬さもあって、サウンド傾向は硬質でトレブリーになります。音の立ち上がりも速くなります。(ソフトメイプルという物も存在し、ソフトメイプルの場合はサウンド傾向も通常のメイプルよりは柔らかくなります。)

これもマホガニー同様、種類や詳細を3ページ目で紹介します。

カエデ
カエデ
種類 広葉樹
別名 楓・紅葉
産地 北米・カナダ・アジア
気乾比重 0.7
強度 5

~メイプルを使用したギター・ベース~

目次に戻る

モンキーポッド ~Monkey Pod~


「この木何の木♪」で有名な、あの木です。ハワイにあるあのCMの木があまりにも有名すぎて、ハワイにしかないのかと思いきや、中南米・西インド諸島・フロリダ・ハワイと広範囲に分布しています。

ギター・ベース共にこの材を使用した楽器はほとんど見かけませんが、過去に一度だけFender製、モンキーポッド・ボディのストラトを弾いた事があります。あれはかなりレアなものだったのでしょうね。(検索しても出てこないので、ネックだけFenderのストラトだったのかもしれません)
サウンドはアルダーのストラトを少し丸くしたようなサウンドでした。アルダーよりも硬質な木なので、立ち上がりは良かったと記憶しています。

G&Lも過去にモンキーポッドのASATを製作していたみたいですね。

マメ
ネムノキ
種類 広葉樹
別名 レインツリー/アメリカネム
産地 中南米・西インド諸島・フロリダ・ハワイ
気乾比重 0.56
強度 4

~モンキポッドを使用したギター・ベース~

木材画像提供:府中家具工業協同組合様「木材図鑑」

目次に戻る

特集記事 最新記事

別室 野原のギター部屋 Vol.14 “Murphy Lab 1958 Les Paul Standard Reissue Lemon Burst”
【コラム】脱初心者!アルペジオ奏法を身につけよう!
【クラシックギター】ご自宅からも工房訪問!桜井・河野ギターオンラインイベント開催!
別室 野原のギター部屋 Vol.13 “Murphy Lab 1959 Les Paul Standard Reissue Factory Burst”
【製品レビュー】ベース初心者にオススメ!YAMAHA TRBX & BB 試してみました!

特集記事一覧はこちら >>