ギタセレニュースでは、ギター、ベースなどの新製品情報やギターにまつわる様々な情報を発信しています

新製品情報

【プリアンプ】TECH21 SansAmp SA-1 CLASSIC|あの”SansAmp CLASSIC”が帰ってきた!

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

TECH21からSA-1 CLASSICが登場します。

2016年に製造を休止した往年の名器が復刻します。

過去のギタセレ TECH21商品関連記事はこちら

TECH21 SansAmp SA-1 CLASSIC

メーカー TECH21
型名 SA-1 CLASSIC
メーカー希望小売価格 オープンプライス
販売価格 (税抜)¥39,862 (税込 ¥43,848)
JAN 0837088001014
発売日 2021年6月9日(水 ロックの日)

特徴


エフェクター関連の製品で、時の試練に耐えられるものは稀です。

SansAmp Classicは30年以上にわたり、デスメタルからCMジングルまであらゆる音楽ジャンルの無数のプロスタジオで、世界中のツアーで、膨大な種類のメジャーリリース(グラミー賞受賞レコードを含む)で、そして何十万人ものプレイヤー、プロデューサー、エンジニアに使用されてきました。

SansAmp Classicは、1989年にB.アンドリュー・バルタが発明したアナログペダルで、アメリカで製造されていました。

後のペダルやラックなどの幅広い製品群に発展し、Tech 21のFly Rigシリーズにもそのテクノロジーが活かされています。

SansAmp Classicには、8つのCharacterスイッチがあり、トーン、ハーモニクス、ダイナミクスの微妙なニュアンスを調節可能。

また、Inputスイッチにより、リード(Marshall?スタイル)、ノーマル(Mesa Boogie?スタイル)、ベース(Fender?スタイル)の3つのプリアンプのスタイルを切り替え可能で、リズム・ギターやベース・ギターにも使用可能。

SansAmpは、地球上で最も魅力的な真空管アンプの温かく豊かで自然なトーンを実現する、柔軟で使いやすい堅牢なデバイスとして世界中で愛されていますが、そのテクノロジーはSansAmp Classicから全てが始まりました。

ギターやベースだけでなく、インダストリアルサンプルからマラカスまで、あらゆるものがそのアナログ・マジックによって新たな生を得るでしょう。

仕様

電源9V乾電池(006P)、またはDC9Vパワーサプライ(センターマイナス)
サイズ 116 100 50
重量約320g

新製品情報 最新記事

【ダイレクトボックス】TRIAL Passive Power D.I./Passive Power D.I. STEREO|良質なサウンドに定評のあるTRIALからパッシブD.I.が登場!
【ギターアンプ】BOSS CUBE Street II|ストリート・アンプの定番機種がリニューアルして登場!
【オーバードライブ/ディストーション】Fulltone PlimSoul mkII|他に類を見ない “デュアルステージクリッピング回路” を採用した PlimSoul がリニューアル!
【ギターアンプ】BLACKSTAR FLY3 CREAM & FLY 3 STEREO PACK CREAM|人気の小型アンプに新色が追加&エクステンション・キャビ付きモデルが登場!
【エレキギター/ベース】Ibanez IRON LABEL Series|漆黒を身に纏った5機種が限定で登場!

新製品情報一覧はこちら >>