ギタセレニュースでは、ギター、ベースなどの新製品情報やギターにまつわる様々な情報を発信しています

新製品情報

takky engineering × ATENOTE IROHA Drive|石川県の県木「能登ヒバ(アテ)」を筐体に使用し、TS系回路をベースにしたオーバードライブ

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

「タッキーパーツ」としてエフェクターキット、パーツ販売で全国的に有名な石川県金沢市のハンドメイドエフェクター工房「takky engineering(タッキーエンジニアリング)」と石川県の県木「能登ヒバ(アテ)」を楽器開発に利用することで地域材活性化につなげるプロジェクト「ATENOTE(アテノオト)」のコラボレーションによって生まれたエフェクター「IROHA Drive」が登場します!

takky engineering × ATENOTE IROHA Drive

メーカー takky engineering × ATENOTE
型名 IROHA Drive
販売価格 (税込) ¥27,500 (税抜 ¥25,000)
JAN 4582635530184
発売開始日 3月19日(土)

特徴

TS系回路をベースに、takky engineeringの20年に及ぶノウハウからパーツの厳選と基板設計を行ないました。
ナチュラルなサウンドを意識し音抜けが良く、レンジの広いサウンドを作り出しています。


つまみはLEVEL、TONE、DRIVEの3つ。
歪みの量は幅広く、DRIVEつまみを10時方向で繊細なクリーン〜クランチサウンドに、2時方向で粘り気がありつつ抜けの良いオーバードライブサウンドとなります。

ピッキングニュアンスの追従性が高く、強く歪ませてもピッキングを弱めれば、ほぼクリーンまで持っていくことができます。
弾き手のニュアンスを損なわず、幅広い音作りが可能です。


内部パーツには厳選されたオーディオグレードのコンデンサーを採用。
さらにトゥルーバイパス仕様のため、ローノイズで高品質なサウンドを作り出しています。


筐体はアルミ・ダイキャスト製の上から能登ヒバを使用。

一般的なエフェクターの筐体はアルミなど、硬質なイメージが根付いていると思います。
能登ヒバを使用した外装は非常に個性的で温かみがあり、そのギャップから出力されるサウンドは所有欲を満たすものになるでしょう。

こだわりのポイント


バックパネルを開けると、インプットバッファーとクリッピングの切り替えが可能です。
サウンドキャラクターを変えることができ、音作りの選択肢を増やし、幅広いジャンルに対応できます。

インプットバッファーとクリッピングは所有者が一度設定すると変えることも少ないため、あえて内部に配置。
能登ヒバ筐体をよりフューチャーし、デザイン性も考慮した設計となっています。

<インプットバッファー切り替え>

A.シングル用
ローカットが施されており、パリッとしたサウンドになります。
ギターの相性によってはハムバッカータイプにも合うため、ギターやアンプと合わせてお試しください。

B.ハムバッカー用
ローがしっかりと出力され、レンジの広いサウンドになります。
こちらもギターの相性によってはローの少ないシングルタイプに使用したりと、お好みでの使用が可能です。

<クリッピング切り替え>

1.ダイオードクリッピング
オリジナルTSをベースにしたモード。
オリジナル特有のきめ細かい歪みを意識しつつも音が太く、ローミッドがしっかりと出力されているため、繊細なジャズプレイから、DRIVE最小でクリーンブースターとしてなどジャンルを問わないオールラウンドなモードです。

2.クリッピング回路なし
3つのクリッピングの中でも歪みの量が多く、コンプレッション感の少ない豪快な歪みです。
IROHA Drive一台で力強くドライブサウンドを作り出すことが可能です。

3.LEDクリッピング
ハイミッドを中心にハリのあるサウンド。
クリアな音質でありつつも、適度にざらついた荒さもあるので、ブルースにおすすめのモードです。

演奏動画

takky engineering、ATENOTEについて

takky engineering


石川県金沢市にあるハンドメイドエフェクター工房。

2003年にハンドメイドエフェクターの製作をスタートに創業。
以来、エフェクターキット、部品、基板設計製造なども行ないつつ、少数生産でハイクオリティなエフェクトペダルを製作している。
エフェクターパーツ専門店 タッキーパーツドットコム
タッキーエンジニアリング総合サイト

工房の様子


ATENOTE


石川県金沢市で木材販売を行っているフルタニランバー株式会社の代表「古谷隆明」氏が発足した能登ヒバ楽器プロジェクト。
里山の豊かさを享受した「能登ヒバ」から様々な楽器を制作し、人と自然のより良い関係を未来へつないでゆくための「地域材活性化プロジェクト」です。
ATENOTE | 能登ヒバ楽器プロジェクト

商品情報

メーカー takky engineering × ATENOTE
型名 IROHA Drive
販売価格 (税込) ¥27,500 (税抜 ¥25,000)
JAN 4582635530184
発売開始日 3月19日(土)

新製品情報 最新記事

SOURCE AUDIO SA252 ATLAS|ヴィンテージからハイエンドラックまで幅広い種類のサウンドをカバーできるコンプレッサーが登場!
WALRUS AUDIO WAL-SLARP|同ブランドのリバーブとディレイがセットになったエフェクターが限定発売!
Fender Ken Stratocaster® Experiment #1|Ken氏(LʼArc-en-Ciel)のニュー・シグネイチャー・モデルが登場!
Effects Bakery An Bread DI|アンプ/スピーカーシミュレーターを搭載したシンプルなDIがリニューアル!
Animals PedalからCustom Illustrated 049 FISHING IS AS FUN AS FUZZ by ぶん “FUZZY MIN”が限定発売!

新製品情報一覧はこちら >>