ギタセレニュースでは、ギター、ベースなどの新製品情報やギターにまつわる様々な情報を発信しています

新製品情報

【モジュール】Radialよりローパス・フィルターとハイパスフィルターを別々に出力可能なモジュール登場!

Radial モジュール

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

TO500

Radial TossOver500

レコーディング関連や、エフェクターなど、特にギター/ベースに特化した製品をプロデュースするRadialから、同社500シリーズに新たなモデルがラインナップされました。

TossOver500は、ローパス・フィルターとハイパス・フィルターを備えた、API 500シリーズ互換モジュールです。

ローパス・フィルターは、指定したカットオフ・ポイントより高い周波数をカットします。ハイパス・フィルターは、カットオフ・ポイントより低い周波数をカットします。同時に両方のフィルターを使用すれば、バンドパス・フィルターとして使えます。

2つのフィルターは並列、または直列で使用できます。それぞれのフィルターでクロスオーバー・スロープを選択できるので、細かな設定が可能です。
設定は、12dB/オクターブ(ソフト)、18dB/オクターブ(ミディアム)、24dB/オクターブ(さらに効きの良いフィルターエフェクト)、の3つから選びます。各フィルターに
は、ON/BYPASSスイッチもあるので、ローパス/ハイパスを単独でも使えます。

TossOver500は、全ての500シリーズラックで使用できます。
なかでも、Radial Workhorseシリーズにマウントすれば、オムニポート端子を使えるようになり、ハイパスとローパスを別々に出力できます。
TossOver500を使うことで、不要な高域/低域/中域の周波数を取り除いたり、それぞ
れの周波数に対して別々にコンプを掛ける等、サウンドを自在にコントロール出来るようになります。

スペック

○周波数特性:20Hz~20kHz
○最大入力:+12dBu
○最大出力:+20dBu
○ノイズ:<-91dBu ○ゲイン:+6dB ○入力インピーダンス:20KΩ ○出力インピーダンス:100Ω ○ハイパス・フィルター:130Hz~5kHz ○ローパス・フィルター:85Hz to 4kHz ○フィルター・スロープ:12、18、24dB /octave ○電源:+/- 16V at 85mA オープンプライス

新製品情報 最新記事

【ギターアンプ】-Fender-高い人気を誇りFenderを代表するギターアンプ”’65 Deluxe Reverb®” “Princeton® Reverb”に限定生産モデルが登場!
【リバーブ】-Electro Harmonix-リバーブの種類と機能性を向上!Oceans 11の兄弟機”Oceans 12″発売!
【エレキギター】-Gretsch-NAMMでも話題!リーズナブルな価格を実現した”Electro Matic Series”新製品発売!
【エレキギター】-Ibanez-ギタリスト”Joe Satriani”、”Noodles(The Offspring)”の最新シグネチャーモデル登場!
【パワーサプライ】-Vital Audio-多くのエフェクターに電源供給可能!12ポートを装備したパワーサプライ”VA-12”発売!

新製品情報一覧はこちら >>