ギタセレニュースでは、ギター、ベースなどの新製品情報やギターにまつわる様々な情報を発信しています

新製品情報

【ベース用ピック】Ibanezよりベース専用、真円形ピック登場!

ピック

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

Ibanez

欲しかったサウンドを、かつてない使用感で!

アイバニーズがこの度発表する“PA1M”はピックにおける従来の概念を覆す、真円形をしたベース専用ピックです。

引掛かりの無いスムーズな使用感と まろやかなサウンドが特長的で、特にミドルテンポまでのポップスでフレージングされるような、ウォーキング・ベースに最適です。

・持つ位置や弦に当てる位置を選ばない自由度の高い形状。

・弦に対して垂直に近い角度で当ててもストレスの少ない、ポリアセタール材のミディアム・タイプを採用。通常のピックよりもアタック感を抑えた、まろやかで地を這う様なサウンドが特徴。

・弦に対してやや斜めに当てた場合には、引掛かりの無い快適な弾き心地を実現。また先端のあるピックでは絶対に生み出せない、プレゼンスが強く それでいて芯の太い音色の獲得が可能。

Story

この丸いピックは、日本を代表するアーティストとのリレーションによって生まれました。

ボーカル・ギターをメインとしながら、ベースやドラムなども演奏し、時にはエンジニアリングも行ってしまう彼が、ベース演奏時に使用するピックに選択した形状が「真円」でした。

真円形状の採用は、彼がベース演奏をする際に普段ギター用に使う三角形のピックでは音が硬すぎる為、試しにティアドロップ形状のピックを逆に持って演奏してみたところ音のイメージが近かったことに端を発します。この逆さ持ちは音こそイメージに近いものの、演奏中指の中で回転してしまう為、持つ位置によって音像が変わってしまう事が課題でした。

これを受けて「じゃあ、いっそ丸くしてみよう」という事になり、彼とそのテクニシャンの間で、真円ピックの開発がスタートしました。

実際にサンプルで検証を重ねると、真円形状のピックは持ち手を選ばずサウンドが安定し、またエッジのあるピックとはまるで違う、ウネリのある音が特徴的で、まさしくベース向きのサウンドでした。

その後商品化に向けて、固さや材質、加工を試行錯誤しPA1MHは完成しました。

より多くのベーシストに試してもらいたい、全く新しい発想のピックです。

Specs

品番:PA1M
材:ポリアセタール
厚さ:ミディアム
カラー:BK (Black) WH (White)
JAN:4515276656401 4515276656395
メーカー希望小売価格:(税抜)¥100 (税込 ¥110)
発売時期: 11月上旬予定

新製品情報 最新記事

【ベースプリアンプ】-Darkglass Electronics-「Microtubes B7K Ultra」の兄弟機「Vintage Ultra」限定カラー”limited Blue edition”発売!
【ギターストラップ】-Fender-アメリカ南西部の風景にインスパイア!”Sonoran Strap”発売!
【ギターアンプ】-Hughes & Kettner-片手で持てるコンパクトサイズにして最大出力50W!「Black Spirit 200」で実証済の真空管ライクなサウンドを楽しめる”SPIRIT NANO Series”3機種発売!
【オーバードライブ】-Bogner-コンパクトな筐体にリデザイン!”Wessex V2″発売!
【ギターストラップ】-DiMarzio-最新シグネチャーモデル”Ibanez PIA”に符合するスティーブ・ヴァイNEWストラップ9種発売!

新製品情報一覧はこちら >>