ギタセレニュースでは、ギター、ベースなどの新製品情報やギターにまつわる様々な情報を発信しています

特集記事

【新製品レビュー】YAMAHA 「THR-Ⅱシリーズ」の新モデルをパシフィカで試す!

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

【<<<1ページ目 各モデルの特徴】

機能のまとめ
あなたにオススメの機種は?

 モデル名 THR10Ⅱ THR10Ⅱ
Wireless
THR30Ⅱ
Wireless
 トップパネル
ギターワイヤレス機能 ×
充電式バッテリー内蔵 ×
出力数(電源ケーブル使用) 20W 20W 30W
出力数(充電バッテリー使用) - 15W 15W
アンプモデルセレクター × ×
Bluetooth搭載
専用THR Ⅱアプリケーション
ラインアウト端子 × ×

モデルの比較はこちら。選び方のポイントとしては、
①ギターワイヤレス&充電式バッテリー
②出力数
③アンプモデルセレクター
の3つに分けると良いですね。

また、充電式バッテリー使用時は15W出力になるので、この点もしっかり考慮していきましょう。

▼「ワイヤレス機能は無くてOK!」「THR-Ⅱサウンドを手頃な価格で楽しみたい!」という方
THR10Ⅱ


ギターワイヤレスのレシーバーと充電式バッテリーを非搭載とすることで、新しいTHRのサウンドを手軽に楽しめるモデル。「ワイヤレス機能はなくOK」「価格をなるべく抑えたい」という方にオススメですね。

▼「ワイヤレス機能に魅力を感じる!」という方
THR10Ⅱ Wireless


THR10Ⅱの出力はそのままに、ギターワイヤレスや充電式バッテリーを搭載したフルワイヤレスモデル。好きな時に好きな場所で即演奏!屋外で弾きたい時にも便利ですね。ワイヤレス環境でストレスフリーな演奏が楽しめます。

▼「20Wだと足りない!」「アンプ側でアンプモデルを切り替えたい!」という方
THR30Ⅱ Wireless


出力30WかつLINE OUT端子を搭載したパワフルなモデル。音量を求める方はもちろん、アンプモデルの切り替えスイッチをトップ面に配備しているので、アンプ本体だけで即座に直感的な音作りができます。各ワイヤレス機能、高い出力、操作性をすべて兼ねそろえたフラッグシップモデルです。

いざ。人気シリーズ「パシフィカ」で試奏!

 

試奏にはこちら、同社の人気シリーズ「パシフィカ」の中でも最上位モデル”PACIFICA612VⅡFM”を使っていきます。パシフィカといえば、Youtuberをはじめとした各インフルエンサーによって改めて再注目されていますね。手ごろな価格で弾きやすく、かつ丁寧なつくりが高い評価を得ているのだと思います。

YAMAHA パシフィカシリーズの在庫を見る

もともと評価の高かったモデリングサウンドを一新したということで、旧モデルよりさらにレンジの広いサウンドに。非常にニュアンスも出しやすくて、指弾きのタッチも繊細に表現してくれていますね。真空管アンプの質感も出ているので、聴いていて心地よいサウンドです。

また、今回のモデルで一番重要となるのが「超ハイゲインに対応した」こと。サウンドバリエーションの中でも最もゲインの強い”SPECIAL”は、ラウドなジャンルで即戦力となるサウンドです。これは、ハイゲインに特化していた旧モデル "THR10X"よりもさらに強烈な歪みを生み出してくれます。

クリーンはより繊細でクリアな質感に、ディストーションはより過激にパワフルな音色へ変化していますね。

YAMAHA "THR10Ⅱ"

オープンプライス
販売価格:(税抜)¥32,000 (税込 ¥35,200)
JAN:4957812644907
発売日:2019年10月10日(木)
出力:20W

オンラインストアで見る

取扱店舗を確認する

YAMAHA "THR10Ⅱ Wireless"

オープンプライス
販売価格:(税抜)¥48,000 (税込 ¥52,800)
JAN:4957812644822
発売日:2019年10月10日(木)
ワイヤレスレシーバー:搭載
充電式バッテリー:搭載
出力:20W

オンラインストアで見る

取扱店舗を確認する

YAMAHA "THR30Ⅱ Wireless"

オープンプライス
販売価格:(税抜)¥54,000 (税込 ¥59,400)
JAN:4957812640510
発売日:2019年10月3日(木)
ワイヤレスレシーバー:搭載
充電式バッテリー:搭載
ラインアウト端子:搭載
アンプモデルセレクター:搭載
出力:30W

オンラインストアで見る

取扱店舗を確認する

スペック一覧

THRBG1 キャリングバッグ


メーカー希望小売価格:(税抜)¥7000 (税込 ¥7700)
販売価格:(税抜)¥7000 (税込 ¥7700)
JAN:4957812651196
発売日:2019年10月上旬

レビュー後記


音質に関しては、小型コンボアンプの枠を超えたサウンドだと感じました。各機能面では、ギターワイヤレスや充電式バッテリーを内蔵するなど、これが「YAMAHAさんの本気」だと思います。

ラインナップに関しては、3モデルのサウンドバリエーションを統一し、出力や機能などで選べるようになっています。旧ラインナップでは基本的に音色の個性で選んでいたわけですから、今回は演奏する場所や環境などから、より自分のスタイルにあったモデルが見つけやすいのではないでしょうか?

音質、サウンドバリエーション、機能、全てが高水準の、まさに「隙が無いアンプ」だと思います。

みなさんぜひ、店頭で触ってみてくださいね。最後まで見ていただきありがとうございました。

【<<<1ページ目 各モデルの特徴】

▽オススメ記事はこちら▽

弦交換のすすめ!コレを読めばきっとあなたもプロの腕前!?

【今さら聞けない】エフェクターの基礎知識編

ギターで使われる木材事典!

全国各地のオリジナルモデルを紹介する「シマログ」

特集記事 最新記事

【エレキギター】Legator 2019-2020 NEWラインナップ発売
【ギタセレ RANKING】人気楽器の1位~20位を一挙公開!【10月号】
【新製品レビュー】YAMAHA 「THR-Ⅱシリーズ」の新モデルをパシフィカで試す!
【ギタセレ RANKING】人気楽器の1位~20位を一挙公開!【9月号】
【ギタセレ RANKING】人気楽器の1位~20位を一挙公開!【8月号】

特集記事一覧はこちら >>