ギタセレニュースでは、ギター、ベースなどの新製品情報やギターにまつわる様々な情報を発信しています

特集記事

【イベントレポート】2014年4月ローランド(BOSS)新製品内覧会レポート

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

1396870782575
2014年3月にドイツ・フランクフルトで開催されたMusikMesse 2014。
こちらではたくさんの新商品が発表になりました。

ギタセレ(GuitarSelection)MusikMesse2014新製品情報はこちら
デジランドMusikMesse2014新製品情報はこちら

そして、MusikMesseで発表になったローランド(BOSS)新商品がついに日本国内で正式発表になるとニュースが飛び込んできましたので、いち早く実機を確認しにローランドさんの新製品内覧会にお伺いしてきました。

今回は、その模様をレポートいたします!

BOSS GT-001

DSC06224-s
こちらは、BOSSの新製品GT-001。
GT-001(ジーティー・ダブルオーワン)と読みます。

BOSSのマルチエフェクターのフラッグシップ・モデルGT-100をデスクトップ・タイプにしたエフェクターですね。
実機を見るのは、今回が初めてなんですが思ったよりも小さいですね。
DSC06229-s
煙草の箱と並べてみるとこんな感じです。

コンセプトは、ギター用マルチの機能を持ったオーディオ・インターフェイスなのですが、USBバスだけでなく付属のACアダプター(PSA-100S)でも駆動するため、実は単体のマルチエフェクターとしても使用可能なんです。

消費電流も9V 240mAですので、時にはエフェクトボードにも組み込むことができちゃいます。

DSC06226-s

エレキギターだけでなく、コンデンサー・マイクを使用してボーカルやアコースティック・ギターなどのレコーディングができるように、ファンタム電源対応のXLR端子を装備。
ステレオAUX入力も装備しているので、PCに接続せずにスマホやドラム・マシンの接続もできちゃいます。

GT-001_image_X-s

専用のピックアップを装着しなくても、単音でのギター演奏をMIDI情報に変換することができるようになりました。これにより、DAWへのノート入力やソフトウェア・シンセサイザーの演奏にギターを使うことが可能です。

DSC06216-s

専用editor/librarianソフトウェアBOSS TONE STUDIOにより、音色ライブラリBOSS TONE CENTRALにダイレクト・アクセスすることが可能です。
最新の追加音色を簡単にダウンロードし、細かい音色をグラフィカルにエディット、さらにそのパッチの入れ替えや管理まで、一連の流れをすべてひとつのソフトウェアで行うことができます。

BOSSオフィシャル動画
http://youtu.be/r5DeZJEmVYg

BOSS GT-001
販売価格:(税抜)¥30,000 (税込 ¥33,000)
発売日:4月25日(金)


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

従来、インターフェイスは価格が上がると音質が上がる・入出力が増えるという構造でしたが、GT-001の登場により新たなインターフェイスの可能性の幅が広がりましたね。

次のページではギター/シンセ・モデリング、オルタネイト・チューニング機能、マルチエフェクトが融合したギター・プロセッサーGP-10をご紹介します。

特集記事 最新記事

【エレキギター】Legator 2019-2020 NEWラインナップ発売
【ギタセレ RANKING】人気楽器の1位~20位を一挙公開!【10月号】
【新製品レビュー】YAMAHA 「THR-Ⅱシリーズ」の新モデルをパシフィカで試す!
【ギタセレ RANKING】人気楽器の1位~20位を一挙公開!【9月号】
【ギタセレ RANKING】人気楽器の1位~20位を一挙公開!【8月号】

特集記事一覧はこちら >>