ギタセレニュースでは、ギター、ベースなどの新製品情報やギターにまつわる様々な情報を発信しています

特集記事

【レポート】春の恒例! Martinニューモデル発表会!

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

毎年春の恒例イベント、Martin新製品発表会 @恵比寿ガーデンプレイス。今年も何かと話題だったので、潜入~♪

s-IMG_1351

ビッグニュース&新製品解説

FISHMAN × MARTIN

上の画像を見ていただくと気になる事があります。FISHMAN × MARTINの文字。その右側のパネルにもMARTIN、黒澤楽器店、そしてFISHMANのロゴが。

s-IMG_1360
そう! 初っ端から黒澤社長からのアナウンスで、「FISHMANの日本総代理店は黒澤楽器店になる」とのこと。5月1日からスタートするとの事です。

s-IMG_1365
この日はFISHMANの最新技術、“Aura Acoustic Imaging”を使用した、ピックアップ&プリアンプセットのシステム解説も。Aura VT Enhance (+ Acoustic Imaging)/Matrix VT Enhanceと共に、ブリッジプレートに取り付けられたトランスデューサーによって、サウンドの広がりと豊かな響きを実現します。

s-IMG_1380
これはMARTIN専用に開発されたシステムで、ボディサイドにプリアンプ用の穴を開ける必要が無く、生鳴りを邪魔しません。

s-IMG_1390
イギリスから来たミュージシャン、スティーブさんの演奏でそのクオリティを体感!

s-IMG_1414
ボリューム、トーン、

s-IMG_1413
エンハンス・ブレンドと3つのみのシンプルコントロールで、ピュアなMARTINサウンドとダイナミックなタッチをリアルにアンプに出力します。

~Martin Guitar CEO “Chris Martin Ⅳ” のコメント~

「MARTIN社は182年もの間、素晴らしいギターを作り続け、最高の資材や機材を採用しています。Aura VT Enhance と Matrix VT Enhanceみまた、MARTIN社の音へのこだわりを表しています」

~Fishman President “Larry Fishman”のコメント~

「100年以上も受け継がれた、価値のあるギターに、思いつきでピックアップを付けたくはないでしょう」

「アーティストに道具を作る際、アーティストが刺激されて、クリエイティブになるようなものでなければならない。テクノロジーを使いすぎるのは良くないし、操作しやすいものでなければならない。そのバランスが大事なのです」

s-IMG_1367
FISHMANの歴史は35年。そのうちの32年間、MARTIN社との関係が続いてきたそうで。今回のFISHMAN × MARTIN、そしてMARTIN日本総代理店である黒澤楽器店がFISHMANの総代理店になるのも、自然な流れだったのでしょう。これからMARTINとFISHMANの新たな歴史がどんどん生まれてきそうな予感がします。

MARTIN 2016NEWモデル

そしてもちろん、FISHMAN “Aura Acoustic Imaging”を使用した“Aura VT Enhance”システム搭載モデルのMARTINもスティーブさんの演奏付きで改めて紹介。

先ほどスティーブさんが演奏していたOMC-35Cと、GPC-35E、

s-IMG_1411
DC-35Eも。スティーブさんの熱唱付き演奏で会場はライブのような雰囲気に。

s-IMG_1400
そして前回掲載時同様、今年もリック・フォレロさん登場。MARTIN新製品のサウンドや、FISHMANとの関係性などなど、アツいお話を聴くことが出来ました。

特集記事 最新記事

【エレキギター】Legator 2019-2020 NEWラインナップ発売
【ギタセレ RANKING】人気楽器の1位~20位を一挙公開!【10月号】
【新製品レビュー】YAMAHA 「THR-Ⅱシリーズ」の新モデルをパシフィカで試す!
【ギタセレ RANKING】人気楽器の1位~20位を一挙公開!【9月号】
【ギタセレ RANKING】人気楽器の1位~20位を一挙公開!【8月号】

特集記事一覧はこちら >>