ギタセレニュースでは、ギター、ベースなどの新製品情報やギターにまつわる様々な情報を発信しています

特集記事

ギターマニア石田純一の逸品入魂~気ままに想いを綴ります~Vol.15“掟破りなジャズマスター、はじめました...”

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。


皆様こんにちは!石田でございます。

前回ご紹介したレッドハウスのギターは大変な反響をいただいており、次の企画にもモチベーションが高まりました。
これからもアッと驚く逸品を作っていきますのでお楽しみに。

今回はジャズマスタータイプをベースにカスタムオーダーした「ありそうでなかった」逸品をご紹介します。

SCHECTER L-JM-CTM-AL-RH/R


近年 J-Rock シーンで絶大な人気を誇るジャズマスタータイプをベースに、ルックス・演奏面にこだわってビルドアップしました。

ジャズマスタータイプの特徴といえばオフセット(非対称)ボディの個性的なルックスはもちろんですが、突き抜けるような高音域をピークとしたサウンドだと思います。

最近のJ-Rock シーンではボーカル、ギター、ベース、ドラムに加えて管楽器やピアノなどの鍵盤楽器、さらにはシンセサイザーや打ち込み同期などたくさんの楽器が組み合わさりバンドアンサンブルが形成されることが一般的になっていますよね。

実はギターの中音域はバンドアンサンブルのいろんな場所とぶつかりやすく、結果的にギタリストは「音が抜けないなぁ」と感じてしまうことが多いのですが、そんなときにジャズマスタータイプの高音域が上手くかみ合う、というのもあって多くのバンドで使われるのではないかと個人的に思っています。

そんなサウンドは活かしながら「より使いやすく、よりカッコよく(一番重要!)」仕上げました。

「まさかシェクターにジャズマスタータイプを作らせるとは...」という掟破りな1本です。
快く引き受けていただいて感謝ですね。

リバース・マッチングヘッド


オフセット(非対称)のボディ形状に対して線対称になるようなイメージでリバースヘッド仕様を決めました。

ストラトキャスターやテレキャスターに比べて少し大きめのヘッドを持つジャズマスターをリバースヘッドにすると強力な存在感を放ちます。
グロスブラックでボディと合わせることにより高級感も演出しています。

べっ甲バインディング&アイボリーブロックマーカー


全体のラグジュアリーな雰囲気をより演出するためにネックにはべっ甲柄のバインディングを巻いています。
少し透明度のある素材を使用しているので(弾いている本人しか分かりませんが)何とも言えない美しさがそそります。


また、ポジションマークには少しビンテージ感のあるアイボリーカラーのブロックポジションを採用。
視認性も良く、こちらも高級感に貢献しています。
フレットもジャンボサイズを採用しています。

ソンブレロノブ


ルックスのアクセントとしてビザールな雰囲気のソンブレロノブを採用。
ちょっとしたこだわりポイントです。

Seymour Duncan ピックアップ搭載


ここからはサウンド面でのこだわりを。

ビンテージジャズマスターピックアップのレプリカとして評価の高い SJM-1n ”Vintage” をフロントに、よりパワーの強い SJM-2b ”Hot” をリアに搭載。

ミックスポジションではハムキャンセルになるような組み合わせですが、ジャズマスターらしい高音域はそのまま、よりサウンドメイクがしやすくなっています。
リアポジションでは深く歪ませても低域が潰れにくい印象です。

プリセットコントロール搭載


モダンなジャズマスタータイプでは排除されてしまっていることが多いプリセットコントロールですが、本モデルはそのまま搭載しています。

フロントピックアップでもかなりブライトなサウンドであるジャズマスター。
プリセットコントロール時、異なる抵抗値のポットに変わることでマイルドなサウンドになる効果が得られるのでサウンドバリエーションが広がります。

「ミックスポジションで軽快なバッキングサウンド、プリセットスイッチオンでふくよかなリードサウンド」といった使い方を想定しています。

Montreux 製ブリッジ&トレモロ搭載


扱いやすいビンテージスタイルのパーツブランドとして定評のある Montreux 製フローティングトレモロ、オーソドックスなスパイラルサドルのブリッジを採用しました。

こちらも別のスタイルのパーツに変えてしまうことが多いパーツですが、ルックス・サウンド両面で重要なファクターだと考え、ビンテージスタイルのものを採用しています。

バズストップバー搭載


激しいプレイスタイルでも弦落ちを気にしなくて済むように、標準でバズストップバーを搭載。
リバースヘッドで6弦側の弦長が長いので、無理やり横方向のチカラを加えてもズレないぐらい弦落ちに強く仕上がっています。

サウンドインプレッション


まず「ジャズマスターなのにしっかりしている!」という良い意味での違和感(笑)
弦落ちはしないしチューニングは安定するし。

ある種、少し手のかかるのが楽しいという(!?)ジャズマスターの楽しみ方はできませんが、ルックスやサウンドが気に入っていて扱いやすいモデルを探しているという方には非常にオススメです。


「リア→ミックス→フロント→プリセット」と切り替えていくとちょうど良い具合にシャープなサウンドからマイルドな雰囲気に変わってくれます。

リアは結構パワーがあるのでディストーションを効かせても良い感じにエッジが立って扱いやすいドライブサウンドが作れます。
プリセットでボリュームを絞っておいてクリーンと切替え、というのもアリだと思います。

商品詳細

メーカー SCHECTER
型名 L-JM-CTM-AL-RH/R
販売価格 (税込) ¥179,800 (税抜 ¥163,455)
JANコード 4518533038835

記事一覧

ギターマニア石田純一の逸品入魂~気ままに想いを綴ります~ 記事一覧はこちら

特集記事 最新記事

ギターマニア石田純一の逸品入魂~気ままに想いを綴ります~Vol.16“信州より新たなジャズマスターが来訪”
Wren and Cuffが、エフェクターを買うとシリコンマットが付いてくるキャンペーンを開催!
Gibson公式YouTube『Gibson TV 日本版』オリジナル・シリーズ『CROSS ROAD TOKYO』第4弾動画にASIAN KUNG-FU GENERATION X 三船雅也 (ROTH BART BARON)が登場!
L.R.Baggsがピックアップ取付無料キャンペーンを実施!12/31(土)まで
GibsonがSGスペシャルサイト『RIFF n’ VOICES of SG lovers』公開 & オリジナル・トートバッグキャンペーンを開催!

特集記事一覧はこちら >>