ギタセレニュースでは、ギター、ベースなどの新製品情報やギターにまつわる様々な情報を発信しています

特集記事

30日16:38更新【楽器フェア】桜・黒柿?厳選された材を使ったギターが魅力!Deviserブースレポート!

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

桜・黒柿など厳選された材を使ったギターが魅力のDeviserのブースレポートをお届けいたします。

Deviser

ディバイザーは、日本の長野県松本市にあり、ギターやベースを中心とする楽器製造メーカー。
製造楽器や製造コンセプト別にバッカスやヘッドウェイ・モモセなどのブランドを製作しています。

こだわりの商品が多いことや、つくりが丁寧であることなどでも高い評価を受けているブランドが多いですね。

IMG_1445

では早速商品を紹介致します。

Momose 2014MJM1-LTD/NJ

IMG_1449

ボディ材にアルダー、ネックはメイプルで指板はローズウッドと一見普通のギターですが、なんと塗装が漆なんです。
漆の塗装は「拭き漆」と「石目仕上げ」の2種類があるそうですが、このモデルは「石目仕上げ」。
その独特の風合いが魅力ですね。ちなみに下記の塗装が可能との事でした。

IMG_1446

Bacchus WOODLINE DX5/E EWC/KG(左側)、WOODLINE DX4/E EWC/KG(右側)

IMG_1454

IMG_1455

ボディ材には黒柿(クロガキ)を使用。この材は日本の歴史的美術工芸品を収蔵する奈良・正倉院の中にも数多くこの気を使用した工芸品が見られるように、古くから珍重されている材。
このモデルはその「黒柿」を使用しつつ、ターボスイッチ付のプリアンプを搭載したモデルです。
しかし、素晴しい杢目ですね。

Headway HF-DEERⅡ

IMG_1462

鹿をモチーフとしたインレイが特徴。
トップにはヨーロピアンスプルース、サイド/バックにはブラジリアンウォルナットを使用。
指板のポジションマークは鹿の足跡でしょうか。

IMG_1463

IMG_1465

Headway HF-SAKURA

IMG_1467

トップはスプルース、サイドバックに長野県の桜を使用したギター。
桜のインレイ・ヘッドも見事ですね。

IMG_1469

随時更新!2014楽器フェア新製品情報&レポート トップページはこちら

随時更新!2014楽器フェア新製品情報&レポート トップページはこちら

特集記事 最新記事

YAMAHA 50年の歴史を紡ぐ FG/FS アコースティックギターの世界
【キャンペーン】ショッピングクレジット分割「36回まで無金利・42回以降低金利」 2021年3月31日(水)まで
【エレキギター】Legator 2019-2020 NEWラインナップ発売
【ギタセレ RANKING】人気楽器の1位~20位を一挙公開!【10月号】
【新製品レビュー】YAMAHA 「THR-Ⅱシリーズ」の新モデルをパシフィカで試す!

特集記事一覧はこちら >>