ギタセレニュースでは、ギター、ベースなどの新製品情報やギターにまつわる様々な情報を発信しています

特集記事

【コラム】誰もが一度は憧れる?ソロギター奏法に挑戦!~前編~

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

YouTubeで「ギター、弾いてみた」と検索してみると、流行の曲や有名な曲をソロギター奏法で演奏されている動画が多数あり、それを見て「自分もソロギター奏法やってみたいなぁ」と思われた事がある方は多いのではないでしょうか?

ですが、同時に「自分には難しそうだな...」と感じてしまう方も多いと思います。

今回は「そんなソロギター奏法に挑戦してみよう!」という事で前編・後編の2回に分けてコラムを書いていきます。
前編では「弦の素材や楽器が変わるとどんな音になるか?」に注目して見ていきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

そもそもソロギター奏法とは?

ソロギター奏法はざっくり言うと「メロディーと伴奏を一人で完結させる奏法」です。
上手な方は更にリズムを加えたり、表現の幅もとても広い奏法です。

ソロギター奏法用のギターってあるの?

たまに「ソロギター奏法用のギターってありますか?」と聞かれる事もあるのですが、専用というよりは、ナイロン弦を使用しているガットギターをはじめ「向いている楽器はある」というのが正しいかなと思います。

▲ガットギター

ガットギターは一般的にはエレキギターやアコースティックギターと比べるとナット幅(弦の間隔)が広いので指が入れやすく、1音1音を鳴らしやすかったりします。
また、アコースティックギターでも指弾きがしやすいように設計されているブランド、品番も数多く存在しています。

ですが、あくまで「向いている」であって、「このギターでなければ弾けない」では全くありませんのでご安心ください。

もちろんソロギター奏法に限った話ではなく、逆に弾き語りなどにも言える事かなと思います。
弾き語りだと「アコースティックギターを使用するのが普通」と考える方が多いと思いますが、音が好みであればエレキでもガットでも弾き語りをするべきです。

▲アコースティックギター

例えばJ-POPだと藤原さくらさんがガットギターをよく使用して弾き語りをしたりしていますよね。
きっとご自身の演奏スタイルだったり、自分の曲に合う音としてガットギターを選ばれているのだと思います。

なので演奏を楽しむ前提として、まずはお持ちの楽器で「どんな奏法も楽しめる!」という事を押さえておきましょう♪

楽器が変わるとどういう聴こえ方になるの?

どんなギターでも「ソロギター奏法は楽しめる!」という事はお伝えしましたが、楽器が変われば音の聴こえ方はもちろん変わります。
以下では同じフレーズをエレキギター、アコースティックギター、ガットギターと楽器を変えて演奏した動画を載せてみましたのでチェックしてみましょう。

エレキギターの場合


使用ギター:YAMAHA PACIFICA

エレキギターはピックアップで音を増幅して出力するので、音が直接的に聴こえますね。
動画ではエフェクターをかけていませんので少し寂しい印象です。

ですがリバーブやコーラスをかける事によってアコースティックギターやガットギターにはない唯一無二の音にしていく事もできるので、選択肢としては大いにアリだと思います。
アンプやスイッチとの組み合わせで明るい音、落ち着いた音など調整も自在です。

また、一般的にはアコースティックギターやガットギターよりも弦高が低く、弦も細いので押さえやすさもメリットかもしれません。

アコースティックギター(スチール弦)の場合


使用ギター:YAMAHA FSX3

エレキギターと比較するとボディ内部の響きもあり、温かみのある雰囲気のある音になりますね。
皆さんおなじみのソロギターサウンドだと思います。

後述のナイロン弦よりもサスティンが長く、アタック音が強調されます。
また、弦の素材が金属製なのでキラキラと明るい音色になります。

ナイロン弦よりも音量も出しやすいのも特徴です。

ガットギター(ナイロン弦)の場合


使用ギター:YAMAHA NTX1

音が素朴な優しい雰囲気にガラッと変わりましたね。
要因としてはスチール弦よりもサスティンは短くなった事が一つありますが、これはデメリットではなく、音の分離が良く1音1音が聴きとりやすくなったとも言えます。

また、ナイロン弦は柔らかいため押弦の際に指が痛くなりにくいといったメリットもあります。
最近のガットギターではネックが細めに作られているものもあるので、エレキギターをメインで演奏されている方でも違和感なく楽しめます。

▲ネックが細めで、動画でも使用しているNTX1

演奏動画のTAB譜を公開!


動画いかがだったでしょうか?
楽器の種類で同じフレーズでも聴こえ方がかなり変わりましたね!

今回は動画で演奏しているフレーズのTAB譜も公開いたしますので、まずはこのフレーズから練習してみて「なんかソロギターできたかも!」という気持ちを感じてみるのも良いかもしれません。

「普通のコード譜からどうやってソロギター譜にするの?」という事なども気になると思いますが、そちらは後編にてご紹介したいと思います!

ぜひこの機会にソロギター、チャレンジしてみましょう!

ギタセレ商品ページはこちらから

>ギタセレ エレキギター一覧ページはこちら<
>ギタセレ アコースティックギター一覧ページはこちら<
>ギタセレ ガットギター一覧ページはこちら<

ギタセレでは様々なエレキギター、アコースティックギター、ガットギターを取り扱っております!
普段はエレキギター弾きだけど、動画を見て「ガットギターの音ってやっぱり良いな!」など感じた方、ぜひリンクから覗いてみてくださいね♪

特集記事 最新記事

別室 野原のギター部屋 Vol.19 “Gibson Historic Collectionの選び方”
【コラム】誰もが一度は憧れる?ソロギター奏法に挑戦!~前編~
ギターマニア石田純一の逸品入魂~気ままに想いを綴ります~Vol.7“Kz Guitar Works オーダーモデルのご紹介②”
ギターマニア石田純一の逸品入魂~気ままに想いを綴ります~Vol.6“SCHECTERプロデュース商品のご紹介④”
別室 野原のギター部屋 Vol.18 “管理人がオススメする絶妙なバランス”

特集記事一覧はこちら >>