ギタセレニュースでは、ギター、ベースなどの新製品情報やギターにまつわる様々な情報を発信しています

特集記事

【今さら聞けない】エフェクターの基礎知識編 ~モジュレーション(揺らし)系エフェクター~

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

トレモロ/ビブラート

はい、以前【今さら聞けない】エフェクターの基礎知識編 ~エフェクターの種類と効果~でもお伝えしましたが、「トレモロ」と「ビブラート」という言葉についてもう一度おさらいです。

  • トレモロ・・・同じ音を断続的に発すること
  • ビブラート・・・音程を揺らして音に深みを与えること

です。
ギターに付いているトレモロアームは、本当は「ビブラート・アーム」という名称が正しいんです。
(今ではトレモロ・アームと呼ばないと通じませんが...)

トレモロ/ビブラートの歴史と仕組み

トレモロ/ビブラートの歴史と仕組みは分けては語れないので一緒にしてしまいます。

1950年代に登場したFenderのVibroverb。

s-fw_0273_img2

この頃のアンプにはすでに「ビブラート」機能が搭載されていました。
ここでややこしいのが、このビブラートは、「トレモロ」だったということ。
すでにトレモロは50年代には登場していたんです。

これはロータリー・スピーカーをギターで再現するためのもの。
...そうです!
さきほど登場したフェイザーと基本的には原理が一緒。
そんなわけでRED WITCHの“Deluxe Moon Phaser”はトレモロ機能も搭載できちゃうんです。

「音量を一定間隔で変化させる」トレモロと比べて、ビブラートは「LFOで音の周波数を定期的に変化させる」という機能のため、登場はもう少し後になります。
それはコーラス編で登場したJC-120と同じ時期。
コーラスの原理をおさらいすると、

  • BBD素子でディレイ音を生み出す
  • LFOを使ってディレイタイムを周期的に変化させる
  • 原音とミックスしてコーラス効果を得る

というもの。
最後の「原音とミックス」しなければどうなるでしょう?
エフェクト音だけ取り出せば、周期的に音量が変化するビブラートが生まれます。
そんなわけでJC-120には「Vib.-Off-Chorus」というツマミが存在するんですね。

s-JC120

トレモロの代表機種

s-detail-tremolo
RED WITCH “Eve Tremolo”
メーカー希望小売価格オープンプライス
販売価格(税抜)¥12,200 (税込 ¥13,420)
JAN:9421901344122

 


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

リチウムイオン充電池を搭載した、RED WITCHミニペダルシリーズのトレモロです。
SpeedとDepthだけのシンプルなコントロール類に似つかわしくない、リッチなサウンドが鳴らせます。
ボード内に組み込んでも気にならないくらいのサイズ感も特徴的ですね。
このミニペダルシリーズは「Seven Sisters」と呼ばれ7機種ありますが、構想にも7年を費やしたというなんとも7に因んだモデルです。

s-suhr_jack_rabbit
Suhr “Jack Rabbit”
メーカー希望小売価格(税抜)¥38,000 (税込 ¥41,800)
販売価格(税抜)¥34,200 (税込 ¥37,620)
JAN:4571220042638

 

先ほどのEve Tremoloとは打って変わってコントロールが2つ多い、より細かくサウンドをコントロールできるSuhrのJack Rabbit。
増えたポイントは、まずLevel。音量調整ですね。
そしてJack Rabbitの売りである5段階ウェーブフォーム選択。
Sine、Square、Triangle、Reverse、Rampからモジュレーションの波形を選択できるんです。

更にSTRUMモードも特徴的。
トレモロスピードがプレイに同期するモードです。
(通常のTAPモードとの切り替えが可能です。)
音質重視で、更に使いやすさも求める方にオススメ。

s-empress-effects-tremolo-mainview-300x300
empress effects“Tremolo 2 Tap Tempo Tremolo”
メーカー希望小売価格(税抜)¥31,800 (税込 ¥34,980)
販売価格(税抜)¥31,800 (税込 ¥34,980)
JAN:4560482821853

 

「Suhr “Jack Rabbit”よりもさらに高機能なトレモロが欲しい!」という方はコレ。
ウェーブフォーム選択に加え、モード選択で“Rhythm”が選べるようになっています。
これは単純に音が断続的に出るだけでなく、強弱をリズムに合わせたように出てくれるというもの。
こればかりは文章よりも動画の方が分かりやすい...

って事でこちらを見てみてください。

http://youtu.be/UGMAjLJ6FFU

s-image
Mojo Hand FX “Sugar Baby Tremolo”
メーカー希望小売価格(税抜)¥23,000 (税込 ¥25,300)
販売価格(税抜)¥20,700 (税込 ¥22,770)
JAN:4562281360274

 

オススメ・トレモロ最後はこちら。
アメリカで、ハンドメイド生産されるMojo Hand FXのトレモロです。
コントロールはempressなどと比べると少ないですが、そのサウンドがなんとも「イナタイ」感じでイイんです。
トゥルー・バイパス回路でノイズ対策も考えられているんですが、回路のおかげなのかなんとも味わい深い、古臭い音を奏でてくれます。
シンプルなのにこの価格というのも、納得してしまいます。

ビブラートの代表機種

s-modfactor
EVENTIDE “MOD FACTOR”
メーカー希望小売価格(税抜)¥66,000 (税込 ¥72,600)
販売価格(税抜)¥59,500 (税込 ¥65,450)
JAN:4571220040450

 


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

なかなか「ビブラート専用機」というものは少ないですね~
そんなわけでコレはモジュレーション系のエフェクトを搭載した、プロ使用ペダル、“MOD FACTOR”。
ビブラートの他にも、コーラス、フランジャー、トレモロなんかも入っています。

このMOD FACTORを含めてEVENTIDEのペダルはなんと言っても音質のクリアさ、ノイズの少なさが魅力。
デジタルだけに様々なサウンドを作りだすことも出来て、1台あればいろんな状況下で役に立ってくれます。

s-Rotovibereg-11
Jim Dunlop “JD4S Rotovibe”
メーカー希望小売価格(税抜)¥38,000 (税込 ¥41,800)
販売価格(税抜)¥26,700 (税込 ¥29,370)
JAN:0710137014077

 

これは「ロータリースピーカーをシミュレートする」ために作られたペダル、Rotovibe。
コーラスモードとビブラートモードお搭載しています。
ワウ筐体のビブラートは、Uni-Vibeからの流れを受け継いでいるんでしょうか?
横のツマミでDepth、TOPのボードでSpeedをコントロールするという点もUni-Vibeっぽくて好きです。

Doug Aldrich やZakk Wyldeなんかも使用する、定番のモデルですね。

s-4519581025518_LRG
ELECTRO-HARMONIX “EH9010 The Worm”
メーカー希望小売価格(税抜)¥19,800 (税込 ¥21,780)
販売価格(税抜)¥15,900 (税込 ¥17,490)
JAN:4519581025518

 


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

これもフェイザー、トレモロ、モジュレーション・ワウといったモードも備えたビブラート機。
一番の特徴はサウンドのエグさ。
他のどの機種とも違う、独特のサウンドが魅力。
昔よりも筐体も少し小さめになってボードに収めやすくなっています。

個性的なサウンドを出したい方に。

s-lrg_Dreamscape_Persp
tc electronic “The Dreamscape”
メーカー希望小売価格(税抜)¥30,000 (税込 ¥33,000)
販売価格(税抜)¥24,000 (税込 ¥26,400)
JAN:5706622011022

 

Dream TheaterのJohn Petrucciがサウンド設計されたビブラート、コーラス、フランジャー。
tcのこのシリーズの最大の特徴は“Tone Print”機能。
ギタリストのセッティングをそのままダウンロードして使用可能なのです。
ダウンロードサイトにはJohn Petrucciはもちろんのこと、OrianthiやJoe Perry、John 5など錚々たる顔ぶれが並んでいます。

リンク

特集記事 最新記事

【エレキギター】Legator 2019-2020 NEWラインナップ発売
【ギタセレ RANKING】人気楽器の1位~20位を一挙公開!【10月号】
【新製品レビュー】YAMAHA 「THR-Ⅱシリーズ」の新モデルをパシフィカで試す!
【ギタセレ RANKING】人気楽器の1位~20位を一挙公開!【9月号】
【ギタセレ RANKING】人気楽器の1位~20位を一挙公開!【8月号】

特集記事一覧はこちら >>